視力回復に良く効くというマジカルアイ効果を検証してみました

まずはこちらをクリックお願いしますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

視力回復によく効くファンタジー3D [ 中山嗣朗 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2019/12/8時点)

楽天で購入

 

 

マジカルアイ

私は、実はこれ、得意です。

視点をわざと近くに合わせて、錯覚で画像が立体に見えたり

視点をわざと遠くに合わせて、錯覚で画像が立体に見えるというもの

これ、ネット検索しても、いろんな画像が出てきます。

もちろんPCの画像でこの立体画像が見れます。

しかし、これがなんで視力回復になるのかが

いまひとつ理解できないです。

私も視力回復の実感がないですが。

どういう理論なんでしょうかね。

ちょっとしらべてみました。

 

 

 

目の体操ということ?

【マジカルアイ】は水晶体の動きを支える、

「毛様体筋」などの目の筋肉を

柔軟にするトレーニングのようです。

つまり、遠くを見て、近くを見てというのを

立体画像を見るために、細かく調整する

その過程が目の筋トレになるということですね。

目の中のレンズの役割をする部分を水晶体と

言いますが、この水晶体を、筋肉で引っ張って薄くしたり、

筋肉で押し縮めて、厚くしたりして

ピントを合わせています。

この筋肉は「毛様体筋」という名前で、

この「毛様体筋」が近くのものを見るときは緊張して

水晶体を押し縮めて厚くし、

遠くを見るときは緊張が解け

水晶体を薄くしているというわけです。

例えば、遠くを見るときにぼやけて見えるのは

この水晶体が厚くなった状態から

その距離に適した薄い状態へ戻れなくなっている

ということだったのです。

なんだか効果が証明されてきましたかね。

 

どんなタイプなら回復するのか。

これまでのいろんな調査から、私も詳しくなっています。

効くもの、効かないものがあるはずですね。

もちろん、レーシックだって、効かない症状があります。

どんなものも万能ではありません。

この、マジカルアイは、どんな症状に効果があるのか

調べてみました。

うーん、ざっくり言うと、程度の軽い近視ですね。

仮性近視とか、屈折性近視の初期症状とか

 

・「仮性近視」・・・・・視力低下の自覚から6ヶ月程度まで。

・「屈折性近視」・・・・毛様体筋の緊張が固定化し、

水晶体が厚く膨らんだままで、常に近方にピントが合った状態。

 

こういうことです。屈折性近視もレベルがあります。

マジカルアイが有効なのは、軽いレベルの屈折性近視です。

また、いつでも、軸性近視の場合は改善は保障されづらいですね。

もちろん、眼鏡やコンタクトならば視力回復しますが。

マジカルアイも例外ではなく、軸性近視には効きません。

 

・「軸性近視」・・・・・「屈折性近視」から、さらに眼が変形し、

ラグビーボールのように前後に長い楕円形になる状態。

 

ということですね。

うーん、目の周りをマッサージしたり、

視線を上下左右に向ける、いわゆる目を回す体操と

同じようなものという印象ですね。

 

 

遠視には効果があるか?

老眼」にも効果があると言われているので、

「遠視」にも多少の効果があるようです。

と言われています。

先ほど言いました、視点を遠くするのか、近くするのか

という方法に関連しています。

目をまっすぐにして、実際よりも遠くを見る「平行法」

実際よりも近くを見る、寄り目にする「交差法」

の二つがあります。

「近視」の方は、ある意味遠くを見る練習になる「平行法」を

「老眼」や「遠視」の方は近くを見る練習になる

「交差法」を行うと良いということでした。

「近視」の方が「交差法」を行ってもあまり効果がないでしょう。

それぞれの状態にあった方法を行いましょう。

これ、マジカルアイの画像がどちらの方法で立体画像になるのか

デザインで決まっているから、どちらかの練習だけなんて

できないよ、と思いますか?

これ、違いますよ。

本当に目の体操目的であれば、自分に必要なものだけを

やっていけばよいです。

具体的にいえば、交差法で、〇が浮き出てくる画像があったとします。

この画像に平行法で取り組むと、なにか浮き出る画像が見えてきますよ。

なにか、というのは、それ用にデザインされた立体図形ではないので

浮き出てくるけど、あまり意味を持たない画像だったりします。

でも、目の体操だったらそれでよくないですか?

ちょっとためしてみましょう。

視力回復によく効くファンタジー3D [ 中山嗣朗 ]