免許更新の視力検査でその場で視力回復ができたら便利ですよね

こちらもクリック協力お願いしますね。

免許更新のときに一時的に視力を回復させる方法をいくつか紹介します。

視力回復法 免許更新試験で

今回は、免許更新での視力検査が不安な場合、

その場で一時的に復活する方法ないのかな

なんて思いませんか。

ありますよ。

もちろん、それで復活することで、合格するかどうかは

保証はできませんが。

ではどうやって??

このブログの愛読者のあなたなら、なんとなくわかりますね。

視力低下は

眼球のレンズ部分の変形

血流が悪い

目の筋力が低下して、焦点を合わせられなくなる

だいたいこの3つですね。

それぞれに一時的に効くとなると

マッサージとかでしょうか。目薬?

まあまあ、説明していきますね

 

 

視力回復 筋力トレーニング

まずは、筋力+血流です。

まばたきを繰り返して、「眼輪筋」と呼ばれる目の周りの筋肉を動かします

これによって、目の周りの血流が促進され、

一時的に視力が回復するといわれています。

やりかたです

<1>梅干しを食べて酸っぱい顔をイメージしてください。これで強く目を閉じます

<2>1秒ギュっと力を入れて閉じます

これを何回か繰り返せば、一時的に回復するはずです。

効果は長く続く訳ではないため、タイミングを見計らって実践するようにしましょう。

列に並んでいる時に実践できますね

まつ毛に注意しましょう。

まつ毛の長い方、エクステやつけまつげの方は

逆効果になることがあるので注意ですね。

 

 

視力回復のツボ

ツボを押す方法で、目の血行を促進することができます。

以下、いくつかご紹介します。

 

(1)目頭の「晴明(せいめい)」と、目尻の「瞳子(どうし)りょう」

目頭の「晴明」は、親指と人差し指で、つまむように押します。

目尻の「瞳子りょう」は、人差し指の腹で押します。

 

(2)眉毛の中間にある「魚腰(ぎょよう)」

「魚腰」は、いわゆる眉間です。特に刺激が伝わりやすい部分です。

親指で押し上げるように押すと効果的であるとされていますが、

強く押し過ぎないように注意です。

 

(3)「魚腰」より上に位置する「陽白(ようはく)」

陽白は、魚腰から人差し指1本分上に位置しているツボです。

人差し指の腹を使い、優しい力で陽白を押してみましょう。

 

 

視力回復 遠くを見る

遠くを見る「遠方凝視法」も、一時的な視力回復法として有効です。

<1>周りを見渡し、遠くの少しぼやけて見えるものを探す(文字など)

<2>それを10~20秒ほど意識して見つめる

<3>これを3セット行う

ポイントは、「見えそうで見えない物体」を選ぶことです。

左右の視力が異なる場合は、片目ずつ行ってみましょう。

 

 

目に涙をためる

涙は「レンズ」の役割をすることがあります。

視力検査の直前には、涙によって目を潤すことも有効です

●目を思いっきり閉じる

●悲しいことを思い浮かべる

●目が少し乾くまで、まばたきを我慢する

といった、まるで演劇ですね。

しかし涙がレンズとして働くかどうかは、

目の細さによって変わってきます。

よく見えるように目の細さを調節するようにしましょう。

 

 

視力回復に目薬

こちらの記事を見てみてくださいね。

なんと、点眼、即 眼精疲労が回復します。

涙効果もあるとおもいますよ。

視力回復に目薬? サンテメディカルアクディブ