視力回復ですがバセドウ病の場合には医療機関を受診しましょう

こちらもクリック協力お願いしますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バセドウ病治療ガイドライン2019 [ 日本甲状腺学会 ]
価格:3740円(税込、送料無料) (2019/11/2時点)

楽天で購入

 

 

 

 

今回は ”視力回復   バセドウ病” を紹介です

視力に影響 バセドウ病とは

サッカーの本多圭祐選手がこの病気で

治療を受けています。

見てわかる症状は、目が飛び出ているような

感じになります。

飛び出ている状態、すねわち眼窩内圧が上昇します。

すると、眼球後方から脳へと伸びている視神経や

眼球へ血液を送っている血管も圧迫されます。

その結果、視力が低下したり、

視野が欠けたり暗くなったりすることがあります。

これは目に対する影響ですが、この病気の主な症状は

疲れやすさやだるさがある
汗が異常に多い
暑がりである
脈拍数が多く、動悸がする
手足がふるえる
甲状腺が腫れる
食欲が旺盛である
イライラする
かゆみがある
口が渇く
眠れない
微熱が続く
息切れがする
髪の毛が抜ける
排便の回数が増える
眼球が出てくる
といった、精神病的な症状です。
甲状腺ホルモンが以上に分泌されることによって
発生します

視力回復 血流

このブログの愛読者のあなたなら、なんとなくわかりますね。

視力回復には、眼球のレンズ部分に対して外科手術等で

アプローチするものと

血流をよくして、視力回復を促すもの

目の筋力を強化して、眼球のレンズの焦点を

合わせる力を養うもの といった

だいたい3つですね。

今回は疾病原因ではありますが、

血流によるものと言えます。

バセドウ病が治れば解決かというとそうでもありません。

目の症状に限っては、必ずしも軽症で済むとは言えません。

甲状腺ホルモンは発病の初期に関係があることが多く、

発病きっかけではありますが、

目の病気として進行することがあります。

発病から3~5年までの間が病気の勢いが強い時期です。

この時期に目の状態を悪化させずにおくかが、

その後の経過に大きく影響します。

発病直後から内科と眼科の両方を受診し治療することが大切です

大学病院などでは、総合的に治療してもらえることもあります。

 

治療法

手術が一般的です。

胸というか、首の下あたりに横一直線に

残る手術あとが特徴です。

甲状腺はこのあたりなので。

切除して、生成されるホルモンの量を減らします。

甲 の字の形をしているので甲状腺です。

本田選手も、ここに傷跡ありますね。

手術以外はこちら

 

【薬物療法】

甲状腺ホルモンの合成を抑える「抗甲状腺剤」を使います。

薬を飲んで徐々に抗体が体内から消えれば、

服用をやめることができます。

【放射性ヨウ素内用療法】

ヨウ素-131というアイソトープ(放射性物質)を飲むと、

甲状腺の細胞を壊すことができます

 

いずれにしても、バセドウ病起因で発生した

他の症状については、治るとは言い切れません。

他の症状についても、症状別の対応が

バセドウ病の治療に加えて必要であると言えます。

目に異常があるならば、眼科医も併せて受診しましょう。

 

参考になるもの

このあたりですね。普通ですが、

バセドウの場合は、いろいろな情報が飛び交っています

いまだに確実な情報はこのあたりですね

バセドウ病治療ガイドライン2019 [ 日本甲状腺学会 ]