視力回復の定番のレーシックのしくみについて解説してみました

まずはこちらをクリックお願いしますね。

レーシック

前回、年齢制限があるのでは?と心配していましたが

基本、制限は20歳未満NGなくらいです。

上はリミットはないですが、

もちろん事前検診 適正検査は必要です。

外科手術ですし、元には戻らないので

ちょっと決断が要りますね。

角膜を削ってというか、水平にカットして

蓋を取るように外して

その状態でレーザーでカットして、屈折の状態を変えていきます。

そのうえで、先ほどの蓋をもどして

定着したら完了ですね。

手術直後は、見えすぎるので、注意だそうです。

視力を落とす眼鏡でもかけるのかな?

まあ、詳しくは、体験者の体験レポートを載せますので

こうご期待です。

レーシック

 

施術条件

  • 目の病気(円錐角膜・緑内障・糖尿病網膜症など)がない
  • 角膜の形が正常
  • 屈折値(ジオプター)が-6Dの軽・中等度の近視であること
  • 乱視は-3.0D以下であること
  • 近視の度数が少なくとも1年以上安定していること
  • 角膜の厚みが十分あること(500μm以上)
  • 精神的に不安定でないこと
  • もちろん20歳以上

 

詳細を調べると、上記でした。

うーん、高齢のほうの年齢制限はないみたいですね

眼球の形状異常(前後に長い)などで、根本的に角膜や水晶体に対する

処置や補助では修正しきれない場合などもNGの例にはあるみたいです。

また、老眼の場合は、やっぱり老眼は維持されるので

運転免許の視力検査には有効でも、日常生活では

改善が実感できない、といったこともあるようです。

 

手術NGの場合

まず、近視の程度です。進みすぎている場合

数値で言うところの、-8Dまでだそうです。

理由はたとえ1.0以上の視力が達成できたとしても、

周辺が歪んで見える等、視力の質に問題が出る可能性が高いので

角膜を削ることそのものが問題なので、

角膜を削らない、眼内に人工レンズを挿入するICLを

進められるようです。

また、角膜の厚みが足りない場合も不可能という診断になります。

500μm以上という規定になっています。

これは、こちらの場合もICLか、PRKというのを勧められるようです。

PRKとは、通常のレーシックのようにフラップ(蓋の部分です)

を作成せず、角膜の表面にある角膜上皮をレーザーやブラシで

取り除いた後にエキシマレーザーを照射して、

近視・遠視・乱視を矯正する手術です

角膜を削ることがないので、角膜の厚みがない場合に

用いられるようですが、まあ、レーシックの一種と

言えると思います。

 

 

体験者レポート

レーシックついては、体験者がたくさんいますので

成功例の体験談を聞いてみましょうか。

どっかのサイトから転載ではなくて、

リアルに聞いてみましょう

女性の方で、ここ半年くらいでレーシックを受けて

成功体験をした方に、インタビューしてみますね。

できれば、スカイプ動画とかも

(無理かな?顔出しNGなのでワイドショーみたいになっちゃうか 笑)

何回かに分けて紹介していきますね。

その時には、記事カテゴリーにレーシックを選んでいただければ

この記事だけじゃなく、体験記事が出ている状態になると思います。

楽しみにしていてくださいね。

品川近視クリニックの体験談はこちら