視力回復オルソケラトロジーで寝ている間に眼球のゆがみを直す

まずはこちらをクリックお願いしますね。

オルソケラトロジー

私も初耳でしたが、オルソケラトロジー というものがありました。

ざっくり言うと、寝ている間に眼球のゆがみ を治してくれる

コンタクトレンズです。

これ、ちゃんと医療行為として認められていて、

眼科医で施術を受けることができます

(すべての眼科医ではないです。)

特徴は手術ではないので、コンタクトの使用をやめれば

元に戻ることです。

日中はコンタクトは外していてOKです。

寝るときだけつけましょう。

対象は軽度〜中度(-1〜-4D)の近視です。

近視由来の弱い乱視の矯正にも対応していますが、

強度の近視や乱視については矯正が難しく、

対応できないケースがあるようです。

コンタクトレンズだけなんで、安いのかな という期待も込めて

歯のホワイトニングみたいなイメージかな。

あれも、マウスピースをつけたまま寝るような

ものでしたね。

 

実際に体験のはずが

これは自分に向いているかな?と問い合わせしてみました。

費用は16万位、うんうん、期待したほどではなかったけれど

レーシックよりは安いかなと。

家の近くの眼科医がやってくれるようなので

これは決まりか… と思いましたが

ひとつ問題がありました。

なんと、年齢制限です。

30代までしか施術できないと言われてしまいました。

さすがに病院で 年齢はごまかせません。残念でした。

視力回復

 

原理をまとめます

私は30代なんで詳しく知りたいんですけど

という人もいるでしょうから、

一応紹介します。(テンション落ちています 笑)

特殊な形状が施された、高酸素透過性の専用ハードコンタクトレンズを

夜寝る間につけておきます。

就寝中にレンズが角膜の形を正しく矯正して、

裸眼視力を矯正するのが特徴です。

角膜の形状が矯正された状態の癖をつけることで

裸眼で過ごせるようになります。

視力が安定するまでは、眼鏡やコンタクトレンズを

併用します。

レーシックは一度手術を受けるともとに戻すことができません。

一方、オルソケラトロジーは、切ったり削ったりはしませんので

万が一治療が合わなかった場合でも、やめれば

もとに戻ります。という感じですね

 

角膜のゆがみ

ちょっと待って?ということは近視って

角膜のゆがみが原因なんですかね。

それをレーシックなどで強制的に矯正する

ということですか。

しらべてみました。私の要約ですが、こんな感じです

本来は網膜で合うはずのピントが、その手前で合ってしまい、

近くはよく見えても遠くがよく見えない症状です。

眼球の奥行きが長すぎる軸性近視と、

角膜やレンズの役割をする水晶体の光を屈折させる力が

強すぎる屈折性近視があります。

ということは、今回の角膜形状の修正をするのは

後者の場合ですね。

そうですね、筋力を鍛えて改善するのは

水晶体を引っ張る・押し縮める力をUPすれば

水晶体のピントを合わせる力がUPするということですが

角膜の形状が修正必要だったらどうなんでしょう。

いろんな原因があるので、検診が必要ということですね。

 

今回のオルソケラトロジー、まあ、私は断られましたけれど

どなたか成功体験をお持ちの方がいたら

インタビューしてみますね。

オルソケラトロジーもこちらです!

視力回復