視力回復&脳力アッププログラムの「ブレインアイ」があります

まずはこちらをクリックお願いしますね。

今回はちょっと違います。こどもの方が有効かも?という情報です。

 

 

i

一日たった5分で視力も成績もグングンアップ

視力が脳から回復してしまう、という情報です。

視力だけではなく

「最近、成績が下がってきた…」
「集中力がない…」
「メガネかわいそう…」

そんなことを思っていませんか?

でも原因は・・・実は、「脳」

と言ったら驚きます?

視力が低下したとき、

多くは「メガネ」の使用を検討します。

でも、視力低下は

単純に「目」の機能低下だけでなく

「脳の視る力」が弱くなっていることもあります。

「視力」と「脳」には密接な関係があります。

もし、「すぐに、子どもの視力を簡単に回復してあげたい」

と願っているのなら、3分だけ読み進めてみてください。

現在、10代の半数近くが視力低下、

とくに近視の悩みを抱えているといわれてます。

放ってはおけませんよね。

「視力が悪くなって、成績が落ちた」のではなく、

「成績が落ちてしまう理由があり、視力も落ちている」

という可能性が高いということです。

そして、その原因は「脳」にあるのです。

逆の例もあります

速読を勉強し始めたら、足が速くなったというのです。

まさか?とおもいますか。

でも、ある意味当然なのです。

 

 

 

眼科医では視力回復できない

眼科のお医者さんは目薬を処方してくれます。

メガネの使用を勧めてきます。

さらに、「ゲームやスマホを控えめに」

というアドバイスもしてくれるかもしれません。

でも、これって、健康診断に行ったら

タバコはやめて、お酒控えめ、運動をしましょう。

というのとおなじですね。

だれだってできます。こんな診断ならば。

なぜこんなことを言うかというと

「眼科医は視力回復のノウハウを持っていない」のです。

では、どうして眼科では視力回復できない?

それは…

眼科は「目」の治療をするところだからです。

「眼球」だけをケアするのが眼科医師。

視力低下の原因が

彼らの専門のところで起こっていたとしたら・・・

何かを見る時、身体のどこを使っていますか?

「目」だけではモノを見ることができません。

目は、光の情報を集めているに過ぎません。

それを「見た」と認識しているのは「脳」です。

眼球運動を行うと目のピント調節を行う

「毛様体筋」という目の筋肉を鍛えるという理論は良くありますが、

視力低下の原因はピント調節だけではありません。

 

 

衝撃的なことを言います

それは……

目が正常でも視力は下がります。

そして、視力も成績もカンタンに回復する方法があります

でも、これは事実です。

そして、視力と成績をカンタンにアップするために

必要なことをお伝えします。

脳を活性化し、その機能を最大限に高めることで

お子さまの視力をぐんぐん回復に導くのです。

視力の低下、学力の低下のほかに

たとえば、思い当たることはありませんか?

「注意力が散漫…」
「生返事が多い…」
「忘れ物が多い…」
「時間にルーズ…」

もしも、これらの兆候が見られる場合、

脳の「見る力」が衰えている可能性があります。

そもそも、「視力」とは何でしょう。

「目の能力」?

でも、それは、半分間違い。

残り半分はなんでしょう。

「目」は光の情報を取り込んで、それを脳に伝達します。

デジカメでいうところのレンズです。

レンズだけでは写真も動画も写せません。

光の情報を映像として解析するのは

コンピューターの仕事です。

つまり、「脳」なのです。

例えば、あなたのデジカメで

映像がちゃんと写せなくなったら……

その原因はレンズの故障?

それともコンピューターの故障?

となると確立は半々ですよね。

でも、デジカメと視力のシステムを考えると、

当然「脳」にも原因があると考えますよね。

「脳」が疲れていると、

ピントも上手に合わせられなくなります。

 

 

原因はなんでしょう

シンプルに答えるならば、

「疲れている」ということです。

大きな原因は社会のデジタル化です。

目の負担になるだけではありません。

脳を極端に疲れさせてしまうのです。

目から入ってくる「視覚情報」膨大な量を

処理するために、脳はフル回転です。

脳の情報処理能力が低下すれば、

視力も低下してしまいます。

デジタル機器は画面の一点を見続けることで、

目の血流を悪化させ、目の筋肉がこってしまいます。

人工的な光は、脳に過度の負担を与えます。

人間の目は本来、夜の時間は休息するものです。

その時間に、強制的に強い光を与えられると、ストレスです。

ストレスで幼い子どもたちが受ける影響は計り知れません。

世の中が便利になればなるほど

脳が疲れる要素増えています。

脳の疲れが、視力低下の原因になるのです。

 

視力回復のためには

根本的なトラブルは脳にあるのに

眼球の動きばかりをトレーニングしても

回復するはずがありません。

とはいえ、眼球運動が悪いのではありません。

でも、それだけで視力が回復できる可能性は低いです。

良い方法があります。

脳を活性化させて

本来の「見る力」を回復させてやることで

視力は改善し、学力も、運動能力も、

存分に発揮できるようになるのです。

今回のこの視力回復方法は、

ゲームのような脳活性プログラムを楽しむだけで、

「思考力」「想像力」「集中力」「記憶力」などを養い

脳のみる力=「脳内視力」の改善を目指すものです。

頭だけでなく、時には身体も使って行うものです。

カンタンで、ゲームのように楽しいものばかりです。

基本的に、小学校1年生のお子様でもラクにできるほど、

簡単でわかりやすい方法です。

大人なら、どんなに不器用な人でも

簡単にできてしまうレベルのものです。

何よりも「楽しくラクに続けられる」

ことを重点に考案されました。

強制的にやるようなものではありません。

すべてを一度にやる必要もありませんし、

気に入ったものを毎日少しずつ取り組むだけ。

本人が遊び感覚で自発的に楽しんで行うことで

脳はどんどんと神経を増やし、効果は何倍にもなります。

しかも、「即効性」が高いものです。

脳が活性化すれば、

ドーパミン・ノルアドレナリン・アドレナリン、
セロトニン・メラトニン・アセチルコリン・エンドルフィン

など、学習能力や集中力、記憶、身体能力を高め、

ストレスを強力に解消する

脳内物質の分泌を活発に行うようになります。

すると、脳は「もっと見よう」と神経を発達させます。

一つの脳活性プログラムに掛かる時間は

「およそ5分」で、もちろん、アップするのは

お子さまの視力だけではありません。

脳が活性化するので、成績もアップ。

目と脳の連動が改善するので、運動能力もアップ。

目の疲れが解消するので、集中力もアップ。

脳内物質が分泌されるので、免疫力もアップ。

この方法をはじめた方の半数の方が

「こんなにカンタンで大丈夫なの?」

と思われるようです。

その理由は、とってもシンプルです。

難しいことは、脳が嫌がるからです。

難しいことは徹底的に取り除きました。

脳が「楽しい」と思えば

その効果は2倍にも3倍にも跳ね上がります。

自宅でカンタンに回復させるためのプログラム。

それが、視力回復&脳力アッププログラム 「ブレインアイ」です。

「ブレインアイ」は映像プログラムです。

難しい操作は一切、必要ありません。

このプログラムはこれまでの

脳活性方法や視力回復法の常識を覆すほど、

楽しくカンタンなプログラムです。

このまま放って置いても

目も脳も、良くなることはありません。

1日わずか5分。カンタンな方法で

楽しみながら脳がイキイキと活性化し、

視力をグングングングン回復させる方法。

血行や自律神経も改善されるので、

成長期の身体や精神にも良い影響をもたらします。

特別な専用道具などは必要ありません。

もちろん、後遺症や合併症などの不安も一切ありません。

「大切なお子さまの脳力を高めて、視力回復させたい」

と、真剣に願うあなたのために、

期間限定特別価格があります

安心の全額返金保証も特別にお付けしております。

■DVD配送版(約30分)
■銀行振込・郵便振替、クレジットカード(分割可能)、BitCash、コンビニ決済、代金引換(代引)がご使用可能です。
■カードご利用先には決済会社名「インフォトップ」と記載されます。
■配送事務手数料として別途1,500円がかかります。
■代金引換(代引)ご利用の場合、代引手数料として別途432円がかかります。
■国内のみ配送となります。
■特典(PDF版)のダウンロード方法につきましては、メールにてご案内いたします。
■お客様の個人情報はSSL(高度暗号化)通信により完全に保護されます。
■当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。
■本製品のご利用にあたっては、DVD映像の視聴環境が必要です。

 

 

大人にも有効

もちろん、大人がおこなっても効果が期待できる方法です。
脳を活性化すれば、これまで視力回復が難しいといわれていた
大人の視力も改善へと導きます。
ぜひ、あなたもご一緒に楽しんで取り組んでみてください。
画像をクリックです↓↓