”合格の方程式”ですが視力にも効きます

こちらもクリックお願いしますね。

 

あなたは視力に不安はありますね

当サイトでは、40代サラリーマン男性
電車通勤中心にお送りしています。
視力に不安が出てきたので、このサイトを
見ていますね。
そうですね、老眼なのか、近眼なのか
よくわからない症状になっていませんか
歳なのかなとも思いつつ
治るのならやってみたいと思っていますね
今回は、視力回復だけではなく

頭の回転も速くなるという情報です

勉強法の教材なんですけれど

これは試験に合格できる勉強法なんです。
大学入試だけではなく、試験一般です。
しかし…

「見るだけで記憶力、集中力、視力までも回復」
「聴き流すと回転が速くなり、速読をマスター」
「記憶術をマスターして忘れない脳にする」
ということなのです。

以前に速読の先生に聞いたことがあります
子どもが速読を学んだら、足が速くなった、と
脳が体をコントロールするのですから
そりゃそうなんですが、勉強ができると
運動ができないイメージが浸透しているので
ちょっと戸惑ってしまいますね。
これらは事実を書いているだけなのです。

事実なので、これ以外表現しようが有りません。

視力だけでなく、ついで?に本来の
”脳力”を向上させ試験に合格したいなら
あなたの常識では考えられないような、
試験合格勉強法をお教えします・・・

 

 

教材の内容

「記憶術」を習得、脳に定着させる。
「速読」をマスターし、倍速インプット。
「ある音声」を聴き流して脳の回転高速化。
脳力トレーングをしながら、視力回復まで。
”試験に合格できる勉強法”をマスターする。

これらの、どれか一つマスターできたら、
あなたの人生は変わりますね?
この「全て」を一気にマスターする、
”具体的な”方法があります。
常識で考えれば、信じられない。

実績のある脳力開発プログラムです。
この記事を読んでいるあなたに教えます

多くの人が目を疲れさせているのに、
目の健康や老化に対して無頓着
気づかないうちに重大な病気を
進行させてしまうかもしれない。
専門医が目の健康の最前線、
今話題の「眼トレ」も紹介。
目の健康・美容を取り戻し、
目から若返る7つの常識を伝授

 

眼の話をしましょう

眼を鍛えると脳力がアップし、
視力が良くなってしまう。
その理由を簡単に説明します。

情報を得る為の手段として眼があります。
眼で見た情報、つまり眼で受け取った光は、
眼の奥にある網膜の視細胞によって
電気的な信号へと変換され、
脳へと伝達されます。

そして、脳はその信号によって
「眼で見た物が何であるか」
を判断しています。

情報の80%は眼から得ています。
眼は、表面に露出した脳そのもの。
眼のトレーニングをすると言う事は、
「脳の情報処理能力」をアップです。

この眼のトレーニングにより、
本来の脳力が活性化され、
「集中力」「理解力」「記憶力」を
向上させる事が出来るのです。

トレーニングによって
視力まで回復してしまう理由。
それは、「眼を使うから」です。

「眼を使うと、悪くなるのでは?」
事実は全く逆で、眼を上手に使わないと、
眼が悪くなって行くのです。

篠田先生のトレーニング法では
ただ単に静止している物を見る
「静止視力」だけではなく、

・動く物を見る「動体視力」
・瞬間的に記憶する「瞬間視力」
・距離感をつかむ「深視力」
・明度の違いを見極める「コントラスト」
・視野の広さを決める「周辺視野」
・情報に素早く反応する「眼の協応運動」

この全てを向上させる事が出来ます。
これらの能力を、「眼チカラ」 と呼びます。

1 「目の不調」を甘く見るな
2 「スマホ老眼」は対処すべき
3 「美容の衰え」は目から始まる
4 「脳の老化」にも目が影響する
5 眼科医は市販の目薬をささない
6 目から若返る!おすすめ「眼トレ」
7 目の老化を防ぐ生活習慣

【著者情報】
日比野佐和子(ヒビノサワコ)
Rサイエンスクリニック広尾院長・医学博士。
大阪大学医学部大学院医学系研究科
臨床遺伝子治療学講座特任准教授。
内科医、皮膚科医、眼科医、
日本抗加齢医学会認定専門医
(アンチエイジングドクター)

 

 

使用方法は

「1日10分、パソコン画面を見るだけ」
事実なので説明しようが有りません。
適当にパソコン画面を見ているだけで
視力回復し、脳活性されるわけではなく。

篠田先生が監修したゲームソフト、
「EYES&BRAIN」
をやるだけで、
眠っている脳力を活性化させ、
記憶力、集中力、理解力を高め、
視力を回復させる事が出来ます。

ゲームはシンプルでカンタンです。
マウス操作と簡単な数字の入力を
すれば良いだけなので、

小学校低学年のお子様でも、
年配の方でも取り組めます。

 

 

詳細はこちらから

この教材の内容は、販売者さんの
レターページにより詳しく
説明があります。
下記から確認ください。
視力回復だけでなく、

何か資格試験にも
挑戦してみましょうか。

↑↑画像をクリックです。

 

脳トレで視力回復はこちらも

視力回復に脳トレ