世界一受けたい授業 2020年1月18日

こちらもクリックお願いしますね。

 

世界一受けたい授業2020年1月18日

テレビ番組の世界一受けたい授業で
子供の視力に関する話がありました
視力を気にするのならば外出しろと
それを提唱しているのは
林田康隆先生です

 

太陽光に含まれるバイオレットライト成分が
視力回復の効果があると。
この成分はガラスを透過しないので
屋外のほうが良いということでした。

彼の経歴です。
日本眼科学会認定眼科専門医。医学博士。
Y’sサイエンスクリニック広尾理事長・院長。
兵庫医科大学医学部卒業、
大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了。
大阪大学および米国マイアミ・眼表面センターにて、
眼表面の再生医療を中心とした幹細胞研究に携わる。
現在は主に大阪で難治性白内障手術や網膜硝子体手術等に
取り組む傍ら東京でも診療にあたり、
メディアにおいても活躍中。

 

 

 

 

テレビで紹介された内容

番組が選んだ日本の危機の第9位は「視力」。

昨年8月に発表された研究結果によると、

都内に住む中学生の約95%が近視であることがわかっていて、

その10%が将来失明につながる危険のある

強度近視だったことが明らかになった。

 

問題視されている若者の視力低下だが、

子どもの近視は1日2時間外出すれば予防できるという。

太陽光にだけ含まれるバイオレットライトという光が

近視の進行を抑制することがわかっているが、

ガラスを通しにくい性質のため、

屋外に出て浴びることが必要だ。日陰でも効果がある。

すでに視力が低下してしまっている場合は、

目の中の毛様体筋をほぐすことが重要。

そこで、Y’sサイエンスクリニック広尾・林田康隆院長の著書

「1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真」にも

ある間違い探しを紹介した。

 

続いて、目の周りの筋肉をほぐすグーパートレーニングを紹介。

顔のパーツを中心に集めて2秒間目を閉じたら、

目を見開き眉をつりあげ2秒間まっすぐ前を見る、

これを5回繰り返すというものでした。

 

 

 

 

眼がよくなる28のすごい写真

なんだかバイオレットライトの話はするっと

通過して、毛様体筋トレーニングの

話になっていますね。

眼の筋力トレーニングということですね

ということは、今回も

外科手術

筋力トレーニング

血行改善

の3つのうちの筋力トレーンニングですね

それではその書籍について

取りあげてみましょう。

 

 

 

TVの内容 本の内容

番組が選んだ日本の危機の第9位が「視力」でした。

昨年8月に発表された研究結果によると、

都内に住む中学生の約95%が近視であり

10%が将来失明につながる危険のある

強度近視だったことが明らかになった。

問題視されている若者の視力低下だが、

子どもの近視は1日2時間外出すれば予防できるという。

太陽光にだけ含まれるバイオレットライトという光が

近視の進行を抑制することがわかっているが、

ガラスを通しにくい性質のため、

屋外に出て浴びることが必要だ。日陰でも効果がある。

すでに視力が低下してしまっている場合は、

目の中の毛様体筋をほぐすことが重要。

そこで、Y’sサイエンスクリニック広尾・林田康隆院長の著書

「1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真」

にもある間違い探しを紹介した。

続いて、目の周りの筋肉をほぐすグーパートレーニングを紹介。

顔のパーツを中心に集めて2秒間目を閉じたら、

目を見開き眉をつりあげ2秒間まっすぐ前を見る、

これを5回繰り返すというものだった。

 

こちらです