運転免許を取得前に視力UPをしておけば眼鏡等をよけられます

こちらもクリックお願いしますね。

 

 

これから免許をとるあなたへ

これから免許を取る大学生、専門学校生のあなた

いま、メガネやコンタクトを使っていますか?

そのまま自動車学校に行くと、

免許の視力の検査に裸眼では受からないでしょう

免許証に ”眼鏡等”と

記載されてしまいますよ。

常に運転するときはメガネかコンタクトが必要です

かけていないと、つけていないと違反です。

だったら

自動車学校に行く前が、今がチャンスです。

この機会に、視力回復しちゃいましょう。

 

 

 

免許 視力 レーシック

いろんな方法がありますが、目の体操で視力回復とかは

今回は向きませんね。時間がかかりすぎます。

例えば裸眼0.3のひとが2年間のトレーニングで

やっと1.0になったという例があります。

眼鏡等を免れるには、両眼で0.7以上が必要です

そんなに待てないですね。

となると、そう、レーシックです

手術自体は15分で終わりますからね。

でも、最近ではレーシックに代わるものがあります

元AKB指原さんが受けたICLというものです。

それぞれ、説明しますね。

 

 

 

レーシック

以前の記事はこちらです

視力回復 レーシック

レーシックとは、ざっくりいうと、

眼の表面、角膜を削ってというか、

水平にカットして

蓋を取るように外して

その状態でレーザーでカットして、

屈折の状態を変えていきます。

そのうえで、先ほどの蓋をもどして

定着したら完了です。

 

 

 

ICL

こちらも以前の記事があります。

眼内永久コンタクトレンズ

眼の中にレンズを入れる手術です

手術時間は片目10分~15分程度です。

手術した翌日からクリアな視界が実現可能です。

片手で操作可能な特殊な器具(インジェクター)を使用して

レンズを簡単に挿入できるシンプルな手術です。

同日で両眼の手術が可能です。

角膜に3ミリほどの切開を行い、切開した部分から

レンズを入れていきます。

水晶体の前にレンズが置かれることになります。

もし違和感があっても手術前の状態に戻すことができます。

 

 

 

どちらがおすすめか

私の意見は、もしも私が選ぶのであれば

元に戻せる安心感がありますので

ICLのほうが良いと思います。

しかし、ICLのほうが費用は高いです。

でも、それよりなにより、

あなたの近視の症状に対して

どの術式が適合しているのか

専門家の意見を聞きたいところですね。

そう思って、レーシックもICLも

両方とも十分な実績のあるクリニックを調べてみました。

 

 

 

ICLよりもレーシックを勧められるケース

先に言っておきますが、ICLのほうが費用は掛かります

ざっくりですが、ICL40万 レーシック7万より、です

(もちろん症状による変動はありますので、クリニックで

診断を受けてからでないと費用は確定しません)

ということは、儲かりたいクリニックであれば

ICLを希望する患者さんにレーシックを勧めることないですね。

レーシックを勧めてくるクリニックは信用できると思います

実際のケースを紹介します。理由を2つ列挙します。

 

  1. ICL をするほど目が悪くない場合

    ICL は目の中にレンズを入れるのですが,

    それほど目が悪くない場合はレンズが厚くなり

    将来的に水晶体を圧迫して

    白内障になるリスクがあるそうです

    ICL は目がとても悪い人向けに作られているようで,

    場合によってはICLするほど目が悪くない、となり

    ぴったりなレンズの設定がない場合があるようです

    それに目があまり悪くない場合レーシックで削る角膜の厚さが

    薄くて済むのでリスクが低いようです

  2. 角膜が十分に厚い場合

    レーシックは角膜をレーザーで削る手術ですが,

    もともと角膜が豊富にあるとリスクが低いです

    この方の場合は角膜の厚みが 590μm あり,

    普通の人の500μm に対してかなり厚かったそうです

    一般に、施術できる限界は

    術後に少なくとも 400μmの厚みが 残せる場合だそうです

 

この方の場合は、この2つの理由が適合したので

クリニックが儲かるICLではなく

レーシックを勧められたということですね。

このクリニック、さすがですね。

 

 

 

実績のあるクリニック

前出のICLを希望したのにレーシックが適していると

アドバイスを受けたのがこちらです

レーシック

品川近視クリニックです。

品川近視クリニックは、127万症例以上(2019年9月30日現在)

世界No.1の実績です。

実績No.1の「アマリス750Zレーシック」をはじめ、

「ICL(眼内永久コンタクトレンズ」も最新機器、

専門クリニックならではの最新の設備です。

拠点は、全国に5箇所(東京、大阪、名古屋、福岡、北海道)です。

世界一ですから、ここ以上の実績のあるクリニックは

他にありません。

ちなみにクリニックは品川にはありません。有楽町です。

車の免許をとる前に、品川近視クリニックに行ってみましょう

あなたも、免許に眼鏡等の制限なしを目指しましょう。

免許をとってから手術を受けても

免許更新までは眼鏡等の制限、ついたままですよ。

これです。

見えているのに違反になっちゃうんです。

だったら、免許とる前に、ですね。

品川近視クリニックの体験談はこちら

予約フォーム

 

 

*レーシック、ICL、および体験談については

品川近視クリニック発表の内容から記事作成しています