こちらもクリック協力お願いしますね。



今回は 視力回復 アサイ―ベリー です

 

以前にこんな記事を

視力回復サプリといえばアメリカではこれ

日本では、目のサプリ=ブルーベリーですが

アメリカでは全く違うというお話をしました。

ルティンはルティンなのですが

マリーゴールド(あいみょんの歌じゃないよ。花そのものの方)

から抽出した、ルティンで、フローラグローという商品名です。

その他、アイブライド

ゼアキサンチン

といったものが定番です。

では、アサイ―ベリーはどうなのでしょう。

主な成分はルティンでしょう。

 

アントシアニン

ルティンよりもアントシアニン推しでした。

アントシアニンはもちろんブルーベリーにもあります。

優れた「抗酸化力」を有しており、

眼球を覆う毛細血管を守るとともに、

血液の循環を改善し、栄養供給を促進します。

アサイ―はアントシアニンがブルーベリーの約4.6倍、


抗酸化力がブルーベリーの約11倍


アサイベリーをさらに8倍に濃縮して1日あたり240mgも配合。


ブラジル農務省が規格化している


最高品質のグロッソアサイベリーを使用。


鮮度管理が難しく、果実として日本では購入できない


ということです。確かにアサイ―の果実、


見かけませんね。


 

販売実績

男女比率はほぼ半々 40代~80代ユーザーが圧倒的に多く。


コアな層は60代・70代のようです。


目に対して強い不安を抱えているからですかね


白内障は80代になるとほぼ100%の方がなる


(軽度のも含めると)といわれるほど多いため。


見え方に不調がある方が、服用されることが多いです


ということは白内障に効果があるんですね。


もちろん将来の見え方に不安がある人の、予防のためにも


 


◆よくある体験者の声◆

1位:見え方がくっきりになった


(白内障・緑内障・糖尿病網膜症・加齢黄斑変性・飛蚊症・老眼・視力検査・眼精疲労の改善、維持)


2位:上記のおかげで生活が楽、趣味楽しめる、


車の運転(免許の更新)、読書、活動的に、不安がない…など


QOL(クオリティーオブライフ)の向上



3位:その他、お肌の調子、口内炎、肩こり、貧血、体調良好


「年齢を重ねれば、だれでも目が悪くなるのでしょうか。」


 ある日、あれ?なんか見えずらい…と病院にいったり、


サプリを探したりするケースがほとんど。


目は突然見ずらくなるのではなく、


徐々に進行するものです。


片方の目に不具合が生じても、


もう片方の目が補完してしまうなど、


初期の段階では気づきにくく、


気づいたという事はある程度進行していることが多い。


普段から何かしらの対処をしなければいけない。


 

 

これはジャンルでいうと

いつもの3つ、

外科手術(眼鏡も含む)

血行改善

眼の筋力トレーニング

といったものが定番です。

今回は、血行改善でしょうね

ただ、神経にも効きますし

免疫力、治癒力が向上するので

近眼でも、老眼でも、乱視でも、遠視でも

効くというのが良いところですね

もちろん、軽度の症状の場合や

予防という意味で有効です。

視力低下は、先天性のものや

疾病の場合もありますので

改善が見られないのならば

より深刻な状態になるケースもありますので、

おかしいと思ったら、まず医療機関を頼ることです。