こちらもクリック協力お願いしますね。

今回は 視力回復 近視の種類 です

 

視力回復するにはまず状態を把握しよう

手術要らず、トレーニングで視力は回復すると

断言している手法がいくつかありますが、

それらは、前提条件をすっ飛ばしています。

極論を言えば、失明している方にそのトレーニングは

有効ですか?

さすがにそれはないですよね。

そこまで極論でなくても、 たとえば何かの病気であるとか

先天性の異常があるとか

トレーニングしても改善が見込めない場合があります。

今の自分の状態は、はたして

トレーニングが有効なのかを確認してゆきましょう。

ここで言うトレーニングは、

あくまで近視の視力回復ということにします。

 

 

視力回復のために 近視の種類

近視は、主に屈折性乱視と軸性乱視の2つにわけられます。

・屈折性近視

目のレンズである水晶体は、筋力で押されてふくらむことで

ピント調節をするという役割を果たしています。

屈折性近視は水晶体がふくらんだままの状態になっているため、

遠くが見えにくいといった症状が現れます。

屈折性近視は、近視のなかでも比較的軽いといわれています。

18歳以上になってから近視になった場合、

屈折性乱視である可能性があります。

屈折性近視は一時的なもののため、

トレーニングを行えば視力が回復する可能性があります。

 

・軸性近視

軸性近視は、目の軸が長く伸びた状態で

網膜が後ろにずれることから、

遠くが見えにくくなることを指します。

眼球が、ラグビーボールのように変形している

イメージですね。

屈折性近視が進行しますと、軸性近視になることがあります。

また、18歳未満で近視になった場合、

軸性近視である可能性があります。

軸性乱視の場合、

トレーニングを行っても回復する可能性は低いです。

もちろん、外科的手法は有効です。

メガネ、コンタクト、レーシックなどです。

自分が屈折性近視であるのか軸性近視であるのかは、

自己判断が難しいものです。

自分の近視のタイプがわからない場合は、

眼科で診断を受けましょう。

 

疾病の場合

以前に解説していますね

視力回復 色覚異常

視力回復 バセドウ病の場合

視力回復 目の下のクマと病気

視力回復 神経と脳

このように多岐にわたっています。

この中の症状の疑いがある、という場合は

眼科医、それも脳外科と連携の取れるような

大学病院などで検査を受けてみましょう。

 

取り越し苦労の場合もあります

つまり、なんかやばい病気かも!と

疑心暗鬼で病院に行ったら、

疲れ目ですね、ということもあるということです。

まずはこちらで眼精疲労かどうか

確認してみてはいかがでしょう。

まずこれをためしてみましょう。

これだけで改善するのならばいちばん簡単ですね

こちらの記事です

視力回復に目薬? サンテメディカルアクディブ

一時的なものですよ。そのうえで、改善しない、

または、いったん改善するが再発するということであれば、

診断を受けてみましょう。

町の眼科に行くと、はい、メガネ、とされそうですから。

それでも改善しないということだしたら、

大学病院のような専門の眼科に行くことをお勧めします。