こちらもクリック協力お願いしますね。

今回は 目の痛み です

 

視力回復 どんな痛みか

目のゴロゴロ感と痛みは多くの場合関係していて、

痛いのがどこなのかでかわってきます。

目の表面の痛みなのか、眼球そのものが痛いのか、

目の奥が痛いのか、まぶたが痛いのか

目の表面のゴロゴロ感や痛みはほとんどの場合で

眼球表面の結膜や角膜が刺激されて生じているので、

次に挙げるものが原因のことが多いです。

 

  • 睫毛乱生(さかさまつげ)
  • 睫毛内反(さかさまつげ)
  • 眼瞼内反(まぶたの縁が内向きとなる状態)
  • ドライアイ
  • 点状表層角膜症(角膜の上皮細胞が欠損するもの)
  • 結膜弛緩症(白目の皮がたるんだ状態。加齢性)

 

バイ菌やウイルスによる角膜炎などの

重症な病気が原因となっていることもあります。

眼球そのものや目の奥が痛む場合は、

より深刻な病気の可能性が高くなり、

次に挙げるものが代表的な病気です。

 

  • ぶどう膜炎(目の中のぶどう膜に炎症が起こる病気)
  • 強膜炎(白目の炎症)
  • 外眼筋炎(眼球を動かす筋肉の炎症)
  • 視神経炎(視神経の炎症)
  • 視神経周囲炎(視神経の周囲の炎症)
  • 副鼻腔炎(鼻の中の炎症)
  • 片頭痛

 

 

 

どれがヤバい症状なのか

視神経炎や、点状表層角膜症などは

失明などの危険性もゼロではありません。

他にも眼窩先端部症候群やトロサハント症候群、

三叉神経痛といった病気の可能性を調べなければなりません。

見づらさがないか、目を動かしたときやうつむいたときに

痛みが強くならないか、などのチェックするとともに、

場合によってはCTやMRIを病院で撮影しなければなりません。

調べた結果が眼精疲労による痛みであることもあるので、

「目の疲れ」とともに診断が難しい症状の一つです。

 

 

 

眼精疲労

まずは眼精疲労を疑って、これをためしてみましょう。

こちらの記事ですね。

視力回復に目薬? サンテメディカルアクディブ

一時的なものですよ。あまり眼薬に頼らないように。

そのうえで、改善しない、または、いったん改善するが

再発するということであれば、

眼科にいきましょう。